相互参照 問題解決 参考書籍 お問合せ


帰還可能な相互参照を行う参考書籍



前記図面のファイルは、ハイパーリンクの循環が複層化した電子ファイルです。既存書籍の体系を置き換えた編別に並び替えたりする事が可能になります。もちろん、自動生成方法が作成を可能にした全世界で最も複雑な有機的ハイパーリンク構造を持つと考えています。

この電子ファイルの2ページ目以降には、その解説と使い方がハイパーリンクでジャンプにて解説を示しています。本当の鉄筋コンクリート建築物の建築図面は、更に、複雑です。ただ、既存の図面配置と、並び替えの図面配置が異なる目的で、並び方を変更しつつ、各々が、既存の並び方を維持していること。その場合も、ハイパーリンクやアンカーの自動生成機能によりジャンプの前後にて安定した画面配置が可能です。そのために、論理思考を高めることが、ジャンプ前後を相互参照して可能になります。



 





幾つかの多言語国際条約の公文書がハイパーリンクで結合されているファイルです。公文書というのは、各国の人が法令と同じものとして社会生活で使っている規則です。ですから、現地で用いない間違った単語ですと会話が通じないことがあります。もちろん、そのような用語で検索しても、グーグルでの結果が良くありません。

そこで、以下には、幾つかの多言語国際条約の公文書を掲載しました。これらのマテリアルは、そのままコピペができますから、学習にも使えるし、Web検索の結果がとても良いと思います。もちろん、多言語サイトとしての価値が高いと自負しています。

そのうちの、前記図面のファイルは、海洋法に関する国際連合条約を7つの海になぞらえて7言語にて表現した電子書籍です。そして、この多言語国際条約は、国連の公用語である、英語、フランス語、中国語、ロシア語、スペイン語を網羅しています。ファイル自体も7000を超えるアンカーと40,000を超えるハイパーリンクからなる。15Mを超えるファイルの容量です。そして、このファイルは、以下の1に収録しています。






相互参照 問題解決 参考書籍 お問合せ